「新作『X&Y』は盗作だらけ」と告白していたコールドプレイだが、その盗作先にお伺いをたてていたようだ。フロントマンのクリス・マーティンは「クラフトワークに手紙を書いてOKしてもらった」と明かしている。

『X&Y』の収録曲「Talk」では、ドイツのテクノ・バンド、クラフトワークのギター・リフが使われている。メンバーは以前、「クラフトワークの“Computer Love”のリフを聴いたとき、“俺たちが作ったんだったら良かったのに”って思ったよ。でもそれは無理だから盗むことにした」と話している。

マーティンは、クラフトワークのメイン・ブレインであるラルフ・ヒュッターにリフを“拝借していいか”問い合わせの手紙を書くことにしたが、そのときまるで「15歳の少年になったような気分だった」という。「学校のドイツ語の授業で習ったペンパル・レターのことしか思い浮かばなかった。彼らがコールドプレイを知ってるかどうかもわからなかったから、自己紹介から始めなきゃならなかったんだ。15歳の少年みたいだよ。ラルフ様、僕はコールドプレイというバンドで歌っています・・・・・・とかなんとかさ。みんなに彼らがOKしてくれたのは奇跡だって言われてるよ」

コールド・ツアーは、ヨーロッパ・ツアーを終えたばかり。今月終わりには<Fuji Rock Festival05>で来日する。

Ako Suzuki, London