ソロ活動を開始したキリト。いちヴォーカリストとしてのキリトに注目。

twitterツイート




――今回のソロは、キリトくんにとって、新しいドアが開いた転機だったと思うんですけれど、これまでにもいろいろと転機はあったと思うんですよ。まずはバンドを始めるずっと前のことをふりかえってもらって……。

キリト:僕、記憶力ないけど、いい?(笑)

――だいじょうぶです。ちなみに小学生の頃はどんな少年でしたか?

キリト:やー、普通だったと思うけどね。ま、どこにでもいるような子供でしたね

――ガキ大将だったとか。

キリト:ガキ大将ではないんですよね。うーん、ただ昔からよく協調性がないっていうことは言われてましたね。そういうことは毎年、毎年、通知表に(笑)

――先生がひとこと書き込む欄に。

キリト:そう、そう。それは確か小学校1年生から6年生まで毎回のように(笑)。子供だから、最初はその“協調性”っていう言葉がどういう意味かわからなかったんだけど、5年生ぐらいから“あ、そういうことなのか”っていうのがやっとわかったぐらい、ずーっと、その3文字が頭の中にあって

――(苦笑)はい、はい。わかるなぁ。

キリト:“自分には協調性がないんだ”っていうのをずっと言い聞かせてたような気が

――呪文のようにね。じゃあ、集団行動が苦手だったわけでしょう? 自分も幼稚園の頃からダメで、みんなが公園に行ってるのも知らないで、階段の上でひとりでボーッとしているような子供だったんですが。

キリト:
ああ、そのノリに近いかも(笑)。とにかく集団行動がイヤで、それは今でもそうなんだけど、何かをやるって決められたことがあったとしても、それに沿って動くことができなかった……らしい。学校に朝行って、チャイムが鳴って、ホームルームだっけ? そういうのが始まるでしょ? チャイムも俺にとっては関係なかったっていうか

――学校には来てるんでしょ?

キリト:学校には遅刻しないで行くんだけど、亀を持って行ってたんですよ。緑亀を

――どうやって、亀を学校に?

キリト:ポケット……(笑)

――(笑)ポケットって、なんか落としそうで怖いんですけど。

キリト:うん。家では水槽に入れて飼ってたんだけど、大丈夫なんですよ。亀は両生類ですからね。別にどうとでもなるというか。だから、学校に行くときはポケットの中に入れておいて、着いたら紙コップの中に水を入れて、机に置いておくの(笑)

――じゃあ、キリトくんの机の上には、いつも緑亀が一緒に。

キリト:机の上じゃないかな。教科書とか入れる机の中だったかな。ま、とにかく、いつも亀を持ち歩いていたので、階段の踊り場のところで歩かせてたりとか、屋上に放してみたりとか、そういうことしてたから、チャイムが鳴ってもあまり関係なくて、怒られたり

――先生にね。

キリト:あと、遅刻はしなかったけど、途中で帰ることはよくありましたね。3時間目の終わりに帰ったりとか

――っていうと、お昼休みの前に。

キリト:そう。いつ帰るかっていう時間はバラバラだけど、自分のその日の感覚で生活してたっていうか。そういうところが協調性がないっていう……

――そうでしょうね。亀はいつも一緒にいたかったから、持って行ってたんでしょう?

キリト:(笑)そのときはそうだったと思う。でも、そんなのは小学校3?4年生のときまでで、別にずーっと亀と遊んでたわけではない(笑)。とにかく、束縛されるのがイヤだったから、授業をすっぽかしたりとか、全校朝礼みたいなものも出なかったし、自由気ままにやってましたね

――雑誌『Neo genesis Autumn,2005』インタヴュー記事より抜粋。――


DOORフルPV視聴
画像をクリックしてね♪

『DOOR』初回盤ジャケット
1st SOLO SINGLE『DOOR』
 2005/07/06 発売

初回限定盤:「DOOR」DVD付
AVCD-30742/B \1,680(tax in)

通常盤:
AVCD-30743 \1,050(tax in)

1.DOOR
2.再生の朝 (Single Version)

キリトオフィシャルサイト
http://www.cycloid.jp/
『Neo genesis Autumn,2005』
新世代のトップアーティストを大特集。アーティストたちが自ら企画に参加した「撮りおろし写真」と、プライベートな部分にまで深く迫った「ロングインタヴュー」は必見です。
【掲載アーティスト】
キリト(表紙/巻頭特集)
メリー(裏表紙/巻末特集)
INORAN
雅-miyavi-
逹瑯(ムック)
蜉蝣
明希(シド)
YOMI&咲人(ナイトメア)
サイズ A4変/フルカラー
付録 ポスター(2枚)
税込価格 \1,500
発売日 2005/07/29
発行 ソフトバンク・パブリッシング
http://www.sbpnet.jp/
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報