レニー・クラヴィッツ、クラブを禁煙に

twitterツイート
レニー・クラヴィッツが大切な喉を守るために対策をとった。ワールド・エンターテインメント・ニュース・ネットワークによれば、彼は先週、友人と一緒に訪れたクラブで店内を全面禁煙にするよう求めた。

クラヴィッツは煙草の煙で喉を痛めることを極端に嫌ったらしい。クラブ側は特別な客であるクラヴィッツの意向を尊重し、彼の要求に応じた。店のスポークスパーソンは、客をもてなすことを第一に考えているとし、彼の“禁煙命令”に従ったと話している。

T.Kimura
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報