ナイン・インチ・ネイルズが秋の全米ツアーでダフ屋を閉め出す意向だ。

バンドのオフィシャルサイトが発表したところによれば、最前列などの席のチケットをオークションで販売するという。これは高額チケットの差額分がダフ屋の利益になるくらいなら、オークションを通して慈善事業に寄付してしまおうとする試み。バンドはさらに、プレミアムシートを特別なプログラムでのみ販売し、ファンクラブを通した購入者には事前にチケットを送付せず、公演当日の開場30分前に直接受け渡しをするという。

トレント・レズナーは「ファンができるだけ良い席で楽しめるショーにしたい」とし、こうした方法に「苦情を言うのはダフ屋と、真のファンを食い物にしている人たちだけだ」と話した。

最新作『WITH TEETH』は全米No.1を獲得した。バンドは今週末に行われるサマソニに出演する。

T.Kimura