<MTWB2005>矢井田瞳、シングル曲連発で地元ライヴは大盛り上がり

ツイート
<MEET THE WORLD BEAT 2005>もいよいよ終盤戦。蝉時雨が聞こえ出し、気持ちよい風が吹き始めた午後6時頃、矢井田 瞳の演奏が始まった。素足にTシャツとGパン姿で、ギターを抱えてステージに登場すると、ニュー・アルバム『Here today-gone tomorrow』から「believe or doubt」を披露。ワールド・ミュージック的なリズムとアレンジが、心地よくオーディエンスを揺らす。

「みんなまだまだ元気ですかー? 女子ぃ! 男子ぃ! 私ぃ~は元気(笑)」と茶目っ気たっぷりに挨拶をして、オーガニックなアコギのカッティングが清々しい「Ring my bell」、ウクレレをフィーチャーしてハワイアンなムードで聴かせた「マーブル色の日」へと続く。「Buzzstyle」では、一転してファンキーなバンド・サウンドでアッパー・モードへと切り替え、爽快な8ビート・ナンバー「Look Back Again」でテンションの加速度を増していく。そして「My Sweet Darlin'」ではハンド・マイクに持ち替えて、ステージ上を左右へ動きながら場外の柵越しに観ている観客の方にも視線を送り、オーディエンスも「ダリダリーン♪」を大合唱。

「幼いときからよく来ていた公園なので、今日ここでライヴができて本当に嬉しいです」と晴れ晴れとした笑顔で言っていたヤイコ。ラストは、黄昏時に似合う「マワルソラ」をアコギでしっとりと歌い上げ、地元・大阪でのステージを締めくくった。
写真●田浦 薫

セット・リスト@<MEET THE WORLD BEAT>2005.7.24
1:believe or doubt
2:Creamed potatoes
3:Ring my bell
4:マーブル色の日
5:Buzzstyle
6:Look Back Again
7:My Sweet Darlin'
8:マワルソラ

BARKS夏フェス特集2005
https://www.barks.jp/feature/?id=1000010016

MEET THE WORLD BEAT 2005 特集
https://www.barks.jp/feature/?id=1000010279
この記事をツイート

この記事の関連情報