<RIJF2005>SINGER SONGER、ご利用は計画的に!?

twitterツイート
ようやく陽が落ち始めた頃、ステージに登場したのは、水色のドレスに身を包んだCocco。くるりの岸田らと構成されたSINGER SONGERだ。髪をバッサリ短くし、耳につけたイヤリングがキラキラ光っている。久しぶりにステージに立つCoccoを一目見ようと、会場には多くの人が集まり、今か、今かとその時を待ちわびているかのようだ。

幕開けは「ロマンチックモード」。Coccoの生声に思わず鳥肌が立つほどの、感動の波が押し寄せる。続けて「Come on you」。キレイなハモリと伸びる歌声がなんとも心地よく、思わず見入ってしまうオーディエンス。1曲歌い終わるたびに、照れくさそうに、うれしそうに笑うCoccoが印象的だ。「昨日のTV撮影では緊張してヘンな汗いっぱいかいたから、今日のライヴが楽しみでした。」と笑う姿は、本当に楽しそう。ごきげんのまま「雨降り星」、「Millions of Kiss」を爽快に歌い上げる。会場はフワフワしたような、なんとも不思議な空間に包まれ、薄っすらと紅く染まっていく空が、さらに雰囲気を増していく。曲間、Coccoの名前を呼ぶ声があがると、オーディエンスに向かって照れくさそうに手を振るCocco。続いてSINGER SONGERのデビュー曲でもある「初花凛々」を軽やかに歌う。

メンバー紹介後、今回、全員が忙しくてリハーサルをしっかりできなかったことを悔やみ、「今度はもっと考えて、ものごとやろうと思います。ご利用は計画的に」と反省の弁(?)を述べるCoccoに、会場は笑いに包まれる。ラストは新曲「花柄」を披露。感極まったメンバー達は、最後にステージ中央に集まり、肩を組んでオーディエンスに一礼。感動的なステージだった。

photo/TSUKASA

<セットリスト>@≪ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2005≫GRASS STAGE 2005.8.6

1.ロマンチックモード
2.Come on you
3.雨降り星
4.Millions of Kiss
5.初花凛々
6.花柄(新曲)

BARKS夏フェス特集2005
https://www.barks.jp/feature/?id=1000010016

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2005 特集
https://www.barks.jp/feature/?id=1000010461
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス