<RIJF2005>ASIAN KUNG-FU GENERATION、後藤のメガネが吹っ飛んだ!

ツイート
午後の強い日差しが射し込むGRASS STAGE。最初に登場したのはドラムの伊地知だ。ドラムソロが始まり、次にベースの山田が参入。まずはリズム隊で会場を賑わせ、次第に手拍子も大きくなったところで、残りのメンバー登場。

爽快ビートの「君という花」で、いきなり会場を沸かせていく。ポップなメロディが響き渡り、オーディエンスの手が波打つかのように上がる。2曲目の「Re: Re:」を演奏中、エキサイトしてギターを弾いていた後藤が、掛けていたメガネをふっとばし、右のレンズが外れてしまう。「今日はもうメガネなしでいきます! 見えね~な~」とメガネを外し、そのまま「君の街まで」、「ループ&ループ」、「アンダースタンド」と軽快なナンバーをこなしていく。 会場も熱気に包まれた。

人が溢れんばかりの会場を、ぼやけた視界で見ている後藤は、「見えないけど、感じるよ。ありがとう」とMC。 オーディエンスの熱気を感じ取っているようだ。その後も勢いを緩めることなく「ブラックアウト」、「リライト」とロックなナンバーを披露していく。デビューシングル「未来の破片」の後は、ラストの曲「サイレン」。最後までダイナミックに、そしてエキサイティングなパフォーマンスを見せてくれたアジカン。ヒットナンバー中心の今回のステージは、ファンではなくとも楽しめるステージとなったはずだ。

photo/TSUKASA

<セットリスト>@≪ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2005≫GRASS STAGE 2005.8.7

1.君という花
2.Re:Re:
3.君の街まで
4.ループ&ループ
5.アンダースタンド
6.ブラックアウト
7.リライト
8.未来の破片
9.サイレン

BARKS夏フェス特集2005
https://www.barks.jp/feature/?id=1000010016

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2005 特集
https://www.barks.jp/feature/?id=1000010461
この記事をツイート

この記事の関連情報