拝郷メイコ、HUNGRY DAYSらが仙台で集結ライヴ!

twitterツイート
8/5(金)、梅雨明けしたばかりの仙台で<Date fm STARLIGHT EXPLOSION 2005 第22回夕涼みコンサート前夜祭「meet the mctv IN 仙台」>が仙台勾当台公園・野外音楽堂で行なわれた。

出演者は、初の全国ツアー真っ最中のHUNGRY DAYS、現在読売新聞新聞CMソング「どれどれの唄」がヒット中の拝郷メイコ、地元東北出身のシンガー・ソングライター伊藤サチコ、8/3にシングル「夢乗りRIDERS」をリリースしたばかりのCORE OF SOUL、8/24に初のクリップ集をリリースする3ピースバンドSound Schedule、そして地元仙台出身のロックバンドthe youthら。

真夏の太陽が暮れかかった午後5:30。約1,000人の観客に迎えられ、トップバッターで元気良く登場した拝郷メイコ(写真上)。自己紹介の際に「ピンキーちょうだい! ピンキーちょうだいっ!」など、自身が以前担当していたCMソングを歌うと会場から拍手が沸きあがった。ヒット中の「どれどれの唄」を歌うと、次に登場する伊藤サチコを招き入れ「少年時代」を仲良くセッション。会場は、一気に夏ムードに包まれた。

一方、この春高校を卒業したばかりのHUNGRY DAYS(写真下)。ヴォーカルの市道信義が「今日はありがとう。最後まで楽しんでいってください」と観客に語りかけ、一体感あふれるステージで新曲「らしくあれ!」など6曲を熱唱してみせた。

なお、このイベントの様子は8/21(日)19時~、宮城のFM局Date fmにて2時間特番として放送される予定。イベントに参加できなかった人も、ぜひこれを聞いて会場の興奮を感じて欲しい。
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報