全米チャート:ステインドが初登場No.1!

ツイート
8/16日付のビルボードによれば、トップ200アルバムズ・チャートで、ステインドのニューアルバム『Chapter V』(日本盤8/17日発売 ワーナーミュージック・ジャパン)が初登場1位に輝いた。NeilsenSoundscanによれば、売り上げ枚数は18万5,000枚となっている。前週トップだったフェイス・ヒルの『Fireflies』は3位に後退した。2位がコンピレーション『Now That's What I Call Music! 19』で、4位にマライア・キャリーの『Emancipation of Mimi』が在位している。また、10位にバウ・ワウの新作『Wanted』(日本盤9/21発売予定 ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル)が初登場した。ランキング上位には他にあまり目立った変動がなかった。

ステインドは現在、3ドアーズ・ダウンと共に全米ツアー中。'03年の『14 Shades of Grey』も当時のビルボード・チャートで初登場1位を獲得している。

T.Kimura
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス