オアシスのリアム・ギャラガーが、Vフェスティヴァルのステージでベイビーシャンブルズのピート・ドハーティをからかったという。オアシスは週末(8月20日)、チェルムスフォードで行なわれたVフェスティヴァルにヘッドライナーとしてパフォーマンス。Vフェスティヴァルはこの夏、オアシスがUKで出演する唯一のフェスだった。

NME.COMによると、リアムは「Bring It On Down」の歌詞を「You don't care...because You're smoking crack(お前は気にするもんか。クラックを吸ってるからな)」と変え、暗にドハーティを野次った後、客席に1メートル以上の大きさに膨らまされたペニスの玩具を発見。「ピート・ドハーティが姿を現したとは嬉しいぜ。でかいペニスだ」とコメントしたという。

ベイビーシャンブルズは、先に行なわれたオアシスのUKツアーで前座を務めることになっていたものの、ドハーティが現れず急きょキャンセル。オアシスの怒りを買っていた。

オアシスはこの後、カサビアン、ジェットをサポートに迎え全米ツアーをスタートする。

Ako Suzuki, London