爽やかなお茶ととも楽しみたいナイス・ミュージック、airdrop

ツイート
夏も終わろうかというこの時期、気持ちの良いグループが登場した。その名はairdrop。ヴォーカルの大枝夏野子とピアノの荒木健文の2人からなるデュオ・ユニットだ。代官山のカフェを中心に活動するこのバンドは、今年の6月にフル・アルバム『drops』をリリースしたばかり。

そんなairdropの最新シングル「GOING」が9月2日にリリースされる。この曲は前述のアルバムに収録された人気曲をリカットしたもの。一聴すると初期の松任谷由実を思わせる良質なポップソングに仕上がったこの曲は、夏も終わりに差し掛かったこの時期にぴったりな作品だ。彼らは当初ライヴハウスで活動していたが、よりゆったりと音楽を楽しんで欲しいという信念のもと、現在のカフェを中心としたスタイルへと移行していった。この曲は、そんな彼らの活動理念を反映するかのように、いい意味で肩の力が抜けた一曲となっている。また、今回の作品のカップリングには、今年の4月に行なわれたライヴ音源4曲が追加されているぞ。

BARKSではairdropの新曲「GOING」のPVを本日より公開開始! これを聴いて気になった人は、是非彼らのライヴに足を運んでみては?

▼airdropの最新シングル「GOING」のPVはこちらから▼
https://www.barks.jp/watch/?id=1000006974

■Live Schedule
2005.9.16. 東京 代官山eau cafe
2005.9.18. 東京 渋谷O-nest
2005.9.22. 東京 渋谷duo MUSIC EXCHANGE "Accidenti! vol.4"
2005.10.3. 大阪 梅田HARD RAIN
2005.10.4. 名古屋 鶴舞K.D japon

■詳細はオフィシャル・サイト(http://www.airdrop.jp/)をご覧ください。
この記事をツイート

この記事の関連情報