寺田恵子の脱退から14年、SHOW-YAついに復活

ツイート
オンナだけの超本格的ハードロックバンドSHOW-YAが2005年、遂に復活を遂げる。解散から7年、そして寺田恵子の脱退からなんと14年もの年月を経てオリジナルメンバーが集まり、黄金期のSHOW-YAがファンの前に再びその勇姿を現わしてくれるのだ。

SHOW-YAがデビューしたのは1980年代。世はハードロック/ヘヴィメタルの全盛期で、有象無象のバンドが現われ、その覇を競い合っていた。その中にオンナだけで飛び込んだのが彼女たち。その高度な演奏テクニックと寺田恵子の迫力あるヴォーカルは、男女の区別なくハードロック畑の中でも突出しており、アルバムを重ねるごとにファンの熱狂は増した。「しどけなくエモーション」「ワン・ウェイ・ハート」「水の中の逃亡者」「その後で殺したい」「私は嵐」、そしてSHOW-YAの代名詞にもなっている「限界LOVERS」など、数々のヒット曲を輩出。ヘヴィなボトム、テクニカルなギター、そして寺田恵子のグラマラスなルックスとヴォーカルスタイルで、トップバンドとして君臨した。また、オンナだけのロックイヴェント<ナオンの野音>を企画するなど、ロック伝道師としての役割も担った。

この復活でSHOW-YAファンが喜ぶことの第一弾が、これまで彼女たちが残した全作品がリリースされることだろう。過去にリリースされたライヴアルバム2枚を含むオリジナルアルバム10枚を8/31に、ライヴなどの映像作品DVD5枚が9/14、そして9/30には全ミュージッククリップを収録したDVDをバンドルしたベストアルバムもリリースされる。アナログ盤しか持っていない、後期の作品しか持っていないなどという人は、この機会にぜひ揃えたい。次第にヘヴィさを増し過激になっていく彼女たちの姿と音に圧倒されるはずだ。

そして、このSHOW-YA復活の最大の呼び物が、10/23(日)に行われるコンサート<SHOW-YA 大復活祭>だ! 場所はNHKホール。子持ちのファンでも楽しめるよう託児所も備え、昔、SHOW-YAに夢中になっていたファンも安心してライヴを楽しめるような工夫もなされている。年月を経て熟成した彼女たちの今の姿を目に焼き付けたい。

“大人だからロックは卒業”などと思っていたら大間違い。仕事や家事に忙殺される日常を忘れさせてくれるのは、昔熱狂したロックの音と匂い。さあ、鋲付きのリストバンド、ロックTシャツにブーツで武装し、SHOW-YAの復活劇に出かけよう!

BARKSでは、近日中にSHOW-YAの大特集を予定している。インタビュー、メッセージ映像などのほかに、過去の作品の楽曲試聴やライヴ映像視聴などをたっぷり用意するので、首を長くして待っててほしい!

●SHOW-YAデビュー20周年 再結成コンサート<SHOW-YA 大復活祭>
2005年10月23日(日)
東京NHKホール
[問]SOGO 03-3405-9999

●SHOW-YAオフィシャルサイト
http://www.show-ya.jp/
この記事をツイート

この記事の関連情報