バンプ、愛知万博でのライヴ音源を聴いて!

twitterツイート
8/10(水)、愛知万博ささしまサテライト会場にて、世界的プラネタリウムクリエーター大平貴之氏とBUMP OF CHICKENのコラボレーションライブイベント<LIVE AT PANETARIUM>が開催された。うだるような猛暑の中、新幹線を降りたメンバーもその酷暑の凄まじさに「マジかぁ?、名古屋あちぃ?」とグロッキー気味。しかし会場前には、開演5時間も前からたくさんのファンが集まっていた。会場が本物のプラネタリウムということもあり200人しか収容できず、今回のライヴは完全招待制。7万分の200の確率を勝ち抜いた大ラッキーなファンだけが入場できたのだった。

今回は、プラネタリウムでの演奏ということでBUMP OF CHICKENとしては初のアコースティック形式での演奏。藤原&増川はアコースティックギター、チャマはエレキウッドベース、升は音をミュートしてのドラムセットでの演奏。午後7時過ぎ、会場が暗転して<LIVE AT PLANETARIUM>が始まった。

MCはバンプファンとして有名な元ロッキングオンJAPAN編集長の鹿野氏。そして今回のもう一人の主役大平貴之さんが呼び込まれ、このイベントが成立した経緯、宇宙、そしてプラネタリウムへの想いなどが丁寧に語られた。そしてBUMP OF CHICKENの登場! 1曲目は、大平さんとの出会いを演出し、そしてこのイベントの立役者ともいえる「プラネタリウム」。藤原と増川のアコースティックギターが絶妙に絡み合うイントロが奏でられると、それと同時に「メガスター」が映し出す美しい星空が現れる。かつて手作りのプラネタリウンムを作り上げたことがある大平貴之氏が、数十年もの時間をかけて到達した「メガスター」という前人未到のプラネタリウムが映し出す星空の下で、かつて手作りプラネタリウムを完成させることができなかった藤原基央が歌う。2人のクリエーターの強靭な想いが、“プラネタリウム”というキーワードのもとに運命的な出会いを果たした瞬間だった。

2曲目は「ギルド」。シンプルなアコースティック演奏のもとで藤原のボーカルが際立ち、ダイレクトに胸に響き渡る。
「今日は有り難う。どんどん歌うから聴いて下さい」
暗闇の中で藤原がMCをし、3曲目の「スノースマイル」へ。この曲の最後のコーラスのリフレイン部分では、満点の星空に突如大粒の雪が降り始め観客の視覚を圧倒。そして増川のアルペジオが奏でられ「embrace」が演奏された。藤原のボーカルは深淵な響きと説得力をもち、聴く人の胸をわしづかみにする。この曲の大サビでは、オーロラが出現し、視覚と聴覚の織りなす絶妙のコンビネーションを堪能することができたのだ。そしていよいよ最後の曲「ガラスのブルース」。この曲の最後には、星空全体を包み込むかのような巨大な映像が現れ、次第にそれが収縮し一カ所に定まると、それは美しい地球の映像だったとわかるという演出が用意されていた。そして、演奏終了直後の星空には“バンプマーク”が映し出されて全ての演奏を終了したのだった。

さてそれでは、上記で紹介したバンプの音を実際に聴いてもらおう。この日だけのアコースティク版「プラネタリウム」だ。別々のジャンルに生きるクリエイターのコラボレイト。別のものに出会うことにより、バンプの音楽が持つ未知の可能性と、それを楽しむ聴き手の想像力が広がるのが感じられる素晴らしい演奏をどうぞ!

なお、この試聴は9/30(金)までの期間限定。1ヶ月間楽しんでね。

●「プラネタリウム」(2005.8.10 Live@愛・地球博)
https://www.barks.jp/listen/?id=1000007072
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス