カシオ、MP3/WMAも再生できる風呂場用DVDテレビを発売

ツイート
カシオ計算機は、風呂場などで利用できるDVDプレーヤー内蔵テレビ2モデルを発売する。両モデルの違いは画面の大きさ。「DV-900W」は9型ワイド液晶、「DV-700W」は7型ワイド液晶を搭載する。

2モデルともにDVDプレイヤーとテレビ機能を搭載するほか、音楽CD、MP3/WMAファイルやJPEG画像などを記録したCD-Rなどにも対応する。

本体と付属するリモコンは水深1mの水に30分沈めても致命的な影響を及ぼさないほどの強力な防水対策が施されており、シャワー程度の水なら全く問題がない。

9月29日より順次発売する。価格はオープンプライス。発売日と店頭予想価格は、9型ワイド液晶の「DV-900W」が9月29日発売で6万円前後、7型ワイド液晶の「DV-700W」が10月5日発売で5万円前後の見込み。液晶ディスプレイは両モデルとも480×234ドット。ステレオスピーカーも内蔵。ドルビーデジタルに対応しているほか、バーチャルサラウンドで広がりのある音響効果を楽しめるという。

テレビはアナログのみで、付属するアンテナで受信可能。防水仕様の外部アンテナ入力端子も備えている。そのほか、Sビデオ出力端子、コンポジット入出力端子を1つずつ搭載する。

電源は内蔵の充電池を利用し、テレビなら連続で約3時間15分(DV-900W)と約3時間30分(DV-700W)。DVD再生は、DV-900Wは約2時間、DV-700Wが約2時間15分となっている。

DV-900Wが9月29日、DV-700Wが10月5日に発売予定。価格はオープンだが、予想価格はDV-900Wが6万円前後、DV-700Wが5万円前後の見込みだ。

問い合わせ先:カシオ計算機
http://www.casio.co.jp/
この記事をツイート

この記事の関連情報