全員主役の新人バンド、チリヌルヲワカの全貌が、ここに明らかになる!

twitterツイート
new ALBUM
『イロハ』
2005年9月28日発売
東芝EMI
TOCT-25739 \3,059(税込)

1 カスガイ
2 はなむけ
3 タルト
4 苔の生したこんな代は
5 シガー  ♪
6 灰と朗
7 蜻蛉  ♪
8 ノイロニテイル
9 紫紺ノイズ
10 ヨスガ
11 コノハズキ
12 なずき

●「♪」は試聴できます。

▼このCDを買うなら

Message
今回インタヴューに応えてくれたリーダーことイワイエイキチさんと中島優美さんからメッセージ映像が到着! ナイスな掛け合いは、バンドの状態が良いことの表われか!?

画像をクリック!

──まずこの4人がスタジオで最初に音を出した感触ってどうだったんですか?

イワイエイキチ(以下、リーダー):まさにこのアルバムの始まりが見えたというか。

中島優美(以下、ユウ):キター!って感じがしましたよね。ホントにこんな曲もやりたいとか、どんどん湧いてきました。

──あの、GO!GO!で作る曲とはやっぱり意識として違うものなんでしょうか?

ユウ:違いますね、無意識にだけど。自分がどういうとこでやるかによって、ソロの時も違ったし、うん、全然違いますね。

──前回のソロの時に、自分1人でどこまでできるのか試してみたかったって話をしていましたよね。でも今回はそういう挑戦というより、確固たる自信があるんじゃないのかなぁと思ったんです。だから対等なメンバーが入っていろんな色が加わっても面白がれるんじゃないのかなと。

ユウ:んー。なんか、ソロの時は結果的に自分の想像通りに事を進め過ぎてしまいまして。その予想を超えられなかった感じが、逆にちょっと自分的につまんないんじゃないかとも思ってて。私も一緒にやる人の個性を引き出せて、相手も私のことを引き出してくれる、活かし合える方が楽しいんじゃないかと。それで今回はバンドがやりたいと思ったんですよ。しかも、このメンバーはホントに理想通りというか、お互いの良さをわかり合えて、分かち合えて、引き出し合えるいい関係で、一緒にいる時間はまだ短いのに、すごい信頼し合えるんですよ。不思議なんですけど、そういう結束力が最初っからありましたね。

──どうやって作ったの?って聞こうと思ったけど、最初からあったんだ。


ユウ:うん。気付いたらそうなってました。初めてのライヴの日も、昼にメンバーだけで集まってみたりね。

リーダー:
5時にライヴハウスに行けばいいのに、下北の南口1時集合!って。

ユウ:みんなでお昼食べて、ぼっちゃん(宮下)の衣装を探して。試着したのを3人が見て、“いいんじゃない?”とか言って。

リーダー:“えっ、なんかの撮影ですか?”とか言われてね。“いや、違うんですって”。

──ハハハハ
ハ。いいバンドだ。音は超プロフェッショナルなのに、やってることは相当高校生の初ライヴノリでね。

ユウ:そうなんですよねぇぇ。ホンットに、初心を思い出しますね。

──でもそれぞれに、ぼっちゃん以外は特にキャリアもあって、だからそんな初々しいことを至極自然にできるバンドってなかなか組めないと思うんですよ。

ユウ:確かに。みんなが奇跡的にいいタイミングで出会えたんだと思いますね。


★インタヴュー後半へ

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報