ビーニー・シーゲル、殺人未遂容疑の裁判で無罪に

ツイート
約2年前に起きた事件でビーニー・シーゲルに対してかけられていた殺人未遂容疑に関する裁判で無罪判決が下されたと、AP通信が報じている。

事件は'03年7月にストリップ・クラブの前にて起きたもので、口論の末にテランス・スペラー氏が何者かによって数度に亘って銃撃された。事件当時、被害者本人が強盗に撃たれたと警察に語っていたが、その直後、銃を撃った犯人がビーニー・シーゲルであると発言を撤回。ビーニー・シーゲル側の報復を恐れていたために、最初は強盗による犯行であると偽った証言をしたと語っていた。

更にテランス・スペラー氏の友人などもビーニー・シーゲルが犯人であるとの証言を行なっていたが、最終的には証拠不十分だとして、今回、陪審員はビーニー・シーゲルに対して無罪判決を下した。

なお、ビーニー・シーゲルは引き続き、'03年1月に起こした傷害事件に関する裁判を行なうことになっている。

K.Omae, LA
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス