エルヴィス・コステロ、オペラに出演

twitterツイート
エルヴィス・コステロが今週末、コペンハーゲンで上演されるオペラに出演する。このオペラは、デンマークの作家アンデルセンとソプラノ歌手ジェニー・リンドの叶わぬ恋を題材にしたもの。コステロはこの作品『The Secret Arias』を書き上げただけでなく、主役としても舞台に立つ。

dotmusicによると、コステロはアンデルセン役とリンドの興行主であるフィニアス・テイラー・バーナムを演じるという。オペラは今週末(10月8/9日)、コペンハーゲンのオペラハウスで上演される。

コステロは、記者会見で「僕がロックン・ロールをパフォーマンスすると思っている人は驚くだろう」と語っている。彼は、ロック・シンガーでありながらオペラを書くのは「なにも想像を絶することではない」と続けた。

今年は、「マッチ売りの少女」や「みにくいアヒルの子」などの作者として知られるアンデルセンの生誕200周年記念。コステロは3年前にデンマーク・ロイヤル・シアターよりオペラの制作を依頼されたという。

同作品はこの後も出演者を変え、公演されていく予定だという。

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス