シェリル・クロウの新作が全米チャート初登場!

ツイート
10月5日付のビルボードによると、シングル「Good Is Good」が好調なシェリル・クロウのニューアルバム『Wildflower』が、最新の200アルバムズ・チャートで2位に初登場した。Nielsen SoundScanの集計によれば、リリース1週目で14万枚を売り上げた。クロウはAPのインタヴューで、9月27日にUSリリースされた同作について「以前ほどプレッシャーを感じることなく作れた」とし、「完璧な作品を作れるとは思わないけど、自分のベスト作品が出ることにわくわくしている」と話した。彼女の'02年のスタジオアルバム『C'Mon C'Mon』も同チャートで2位を獲得している。また、デビューアルバム『Tuesday Night Music Club』は'96年に同チャート3位に登場、米国で7タイムスプラチナに認定された。

チャートトップはカントリーシンガー、グレッチェン・ウィルソンの新作『All Jacked Up』だった。セールスは26万4,000枚となっている。そして、テネシー出身のラップグループ、Three 6 Mafiaのメジャーアルバム『Most Known Unknown』が3位に登場した。

前週に1位を獲得したディスターブドの『Ten Thousand Fists』は8位へ後退し、2位に初登場したボン・ジョヴィの『Have a Nice Day』は9位へ退く結果となった。

先週に続いて今週もトップ10内の変動が激しく、トニー・ブラクストンの新作『Libra』(日本盤詳細未定)がキャリア最高位の4位に登場したほか、リル・キムの『Naked Truth』(日本盤10/12発売予定 ワーナーミュージック・ジャパン)が6位に、また、ショーン・ポールの『Trinity』(日本盤9/28発売)が7位にランクインしている。

注目作品としては、HIMの『Dark Light』(日本盤10/26発売予定)が18位に登場し、ライアン・アダムスの『Jacksonville City Nights』が33位を獲得した。

T.Kimura
この記事をツイート

この記事の関連情報