マドンナ、ボン・ジョヴィの発言に反撃

twitterツイート
マドンナが、彼女の子育てを非難したジョン・ボン・ジョヴィに反撃した。両者は子供をマスコミの前に出すかどうかで、意見が食い違っているようだ。

ジョン・ボン・ジョヴィは最近、2人の子供を年中、世間の目にさらしているマドンナを「クレイジー」だと非難した。「彼女がなにを言おうが勝手だけど、2人の子供を映画のプレミアに連れて行ってるだろ。あの子たちは何もしてない。それなのに、みんな彼らの顔を知ってる。クレイジーだ。俺はこの業界に22年もいるけど、俺の4人の子供たちの顔を知ってる奴なんていないよ。プライベートはプライベートにしておくつもりだ。いつもそうしてきた。俺の子供たちは学校の外でボディ・ガードを待たせとく必要なんてない。誰も彼らの顔を知らないからな」

この発言に対し、マドンナのスポークスマンはこう反論している。「マドンナは、子供たちを映画のプレミアへ連れて行ったことなどありません。彼(ジョン・ボン・ジョヴィ)は、(マドンナの)子供たちは栄養が行き届き、愛され、大切にされ、尊重、保護されていると安心してくださって結構です」

プレミアの話はともかく、マドンナの子供の写真がタブロイド紙に掲載されることは日常茶飯事で彼らの顔はよく知られている。それをどう取るかは、意見の分かれるところだろう。

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報