ジェイ・Zとナズがステージ上で和解を発表!

twitterツイート
ニュージャージーにて開催されたジェイ・Zのコンサートにて長い間対立関係にあったナズが出演し、和解を宣言したとAllHipHop.comが報じている。

10月27日、ニュージャージー州イースト・ラザフォードのコンチネンタル・エアラインズ・アリーナにて行なわれたラジオ局主催のこのコンサートは、ジェイ・Zにとって久々のメイン・アクトして出演するショウであり、事前に他のラッパーをこのステージ上で攻撃すると宣言していたことでも話題となっていた。しかし、ジェイ・Zは「宣戦布告よりも大事なことがある。行くぜ、エスコ(ナズの愛称)!」とナズを呼び寄せ、ナズは「多くの奴らが金儲けのために、ひどいことをやっている。俺達は互いに助け合って、イーストコーストを救うんだ」と宣言した。

その後、ナズはジェイ・Zの「Dead Predisents」のサビを担当し、更に自身の代表曲「The World Is Yours」、「It Ain't Hard to Tell」、「New York State of Mind」を披露し、さらにジェイ・Z、ディディらと「Hate Me Now」で競演したという。

なお、このコンサートにはジェイ・Zとその"フレンズ"が出演するとして、具体的なゲスト名が一切明らかにされていなかったが、ナズ、ディディの他にもカニエ・ウェスト、ビーニー・シーゲル、メンフィス・ブリーク、フリーウェイ、T.I.、ヤング・ジージィ、ザ・ロックス、ソース・マネーなどが出演した。

K.Omae, LA
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報