マイケル・ジャクソン、LAでチャリティーソングのレコーディング

twitterツイート
マイケル・ジャクソンが以前より明らかにしていたハリケーン被災者のためのチャリティ・ソングのレコーディングをロサンゼルスにて行なったと、Billboard.comが報じている。

マイケル・ジャクソンはロサンゼルスのコンウェイ・スタジオにて二晩に亘ってレコーディングを行ない、この曲は「From the Bottom of My Heart」という仮タイトルが付けられているという。しかし、マイケル・ジャクソンのスポークスマンは数日以内に新しい曲名が発表されるだろうと明らかにしている。

今週、ロサンゼルスではテレビ局BETの25周年式典が行なわれており、そのために多数のアーティストが集まるということで、タイミングを合わせて今週レコーディングが実施された。また、スポークスマンは具体的なレコーディングの参加者の名前は明らかにしていないが、情報筋によるとシアラ、スヌープ・ドッグなどが参加している。

スポークスマンはさらに何人かのボーカルをレコーディングする必要があり、リリース出来るまでにはまだ時間がかかるという。

K.Omae, LA
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報