FREENOTE、「ピアノを弾いて」インタヴュー

ツイート
 FREENOTE INTERVIEW
(L to R)秦千香子、坂本昌也、太田真豪
  

──今回の音作りで一番大きなポイントはホーンとの共演ですね。

秦千香子(以下、千香子):曲とか歌詞とか、悲しい曲が悲しいままじゃなくて、もうちょっと背中を押してほしいっていう感じがあったんです。それで、クレイジーケンバンドの澤野さんと山本一さんに協力してもらって。そしたら、ものすごく楽しいホーンを入れてくれて、レコーディングもすごく面白かったです。

──独特なノリが出て、普段のバンドのサウンドとは違う感じだったんじゃないですか?

千香子:そうですね。今回の曲は、パッと聴いて悲しい曲にならなければいいなって思ってたんです。ホーンが入ったことで、すごく元気をくれる楽曲に仕上がったなって。すごく足が前に出る感じとういか、歩いて進んでいける感じの曲になったなって。それがすごく楽しかった。レコーディングしてる途中も、自分が歌う時にもすごく楽しかった。

──曲が進んでいくうちに、アレンジがどんどん楽しくなっていくっていう、すごくストーリー性のあるアレンジですよね。

太田真豪(以下、太田):テーマとしては、千香子がピアノを弾いて歌っているところに、みんなが寄り添っていくっていう。

坂本昌也(以下、坂本):ドラムが入って、次にギターが入って、ベースと交代して、サビとかはみんなでっていう。始めは削ぎ落とした感じというか、すごくシンプルなものにしようって言ってたんですけど、結果的にホーンが入って、また違う形になった。

──ギターは、サビのカウンターっぽいバッキングとメロディーラインがいい感じですね。

坂本:結構ずっと頭の中で曲を鳴らしていて、それで出てくる時もあるし、ずっとギターを弾いててもひたすら出てこない時もあるし。でもサビのフレーズとかは自然に出てきたんですよね。

──歌詞は自分の内面と向き合っていくような歌詞で、とかく暗くなりがちなんだけど、曲が進むにつれて、辛いことを歌っているのに元気良くなれますよね。

千香子:悲しい歌を悲しいまま聞かせてしまうんじゃなくて、音楽があるから、悲しいことも持って前に進めるっていうところって、すごくいいなって思って。笑い飛ばすっていうだけじゃなくて、自分の中でちゃんと物事を消化して、次のところに行けたりとか、元気になれたりとかって凄いなって。だから、この歌詞が出来た時に、悲しい曲調にはしたくないなと思っていたんですよ。

⇒インタヴューPAGE2


 
FREENOTE特集 TOPへ
  
この記事をツイート

この記事の関連情報