「これからもっとワクワクする活動ができる!」――アルバム『千歳鳥~CHITOSEDORI~』インタヴュー

twitterツイート

(左から)航(Dr)、Kadota"JAW"Kousuke(Sax)、Ohyama"B.M.W"Wataru(Trumpet)、Nirehara Masahiro(B)

インタヴュー・後半
NEW ALBUM

『千歳鳥~CHITOSEDORI~』詳細ページへ

『千歳鳥
~CHITOSEDORI~』

ロードランナー・ジャパン
RRCA-29017 \2,095(tax in)
2005年11月16日発売


01. 夢ノエンアレ 「愛ノエンアレ」試聴へ
02. さらば愛しきストレンジャー
「さらば愛しきストレンジャー」試聴へ
03. FREE BIRD
04. MANATE~愛手~
05. BET-300
06. HEY!!~都でGO★GO~
07. ハリヨの夏
08. Let's work!情熱の行方

「Let's work!~情熱の行方~」試聴へ


LIVE ALBUM

『PE'Z REALIVE 2005~節 FUSHI~』詳細ページへ
『PE'Z REALIVE 2005
~節 FUSHI~』

ロードランナー・ジャパン
RRCA-21026 \2,500(tax in)
2005年12月7日発売



PRESENT

プレゼント応募フォームへ
オリジナルTシャツを
抽選で3名様にプレゼント!

(応募締め日は、2005年12月15日)




(インタヴュー・前半では、
「いつもヒットしないし(笑)。」なんて言っているOhyama氏に対して……)


――常にチャートのトップ10に入ってるし、十分ヒットじゃないですか。

Ohyama:冗談ですからね、もちろん(笑)。こないだ会社のスタッフと話をしていて、俺らは今「世界」というところへ出て行くわけだから、ある意味ラクだと。50ヶ国で20万枚ずつ売れば1千万枚になるじゃないかと(笑)。で、「ちょっと待って、中国は人口が多いから40万枚ぐらい行っとこうよ」とか(笑)。まぁそれは冗談にしても、そういうレベルに持っていけるアルバムだと思うんですね。たぶん日本で何百万枚も売った人でも、世界に行ったらそんなに売れないわけでしょう? でもPE'Zには、今のところ受け入れられる可能性がある。これからもっと、ワクワクする活動ができるんじゃないかと思って、いっぱいいろんなことをやってるところです。

――「世界」といえば、今年はオランダに本社を置く世界的レーベル、ロードランナーに移籍して、先日はイギリスとオランダでもライヴをやりました。どうでした?

ヒイズミ:行く前は、「イギリスでライヴができるの!?」みたいな感じだったんだけど、実際やって、今帰ってきてみると、すごいとは別に思わなくて、「こんな感じか」という、普通の感覚で。

Ohyama:「もっと充実感がほしい」と思っちゃうよね。行っただけで満足する人もいるだろうけど、俺らは違う。行けば行くほど、欲も深まる。

――オランダでは、ストリートでやったんですよね。

Ohyama:昔、渋谷でストリート・ライヴをやった時のことを思い出しましたね。もちろん、誰も俺たちのことを知らない。でもずっと足を止めて見てくれたし、懐かしい快感がよみがえりました。あの頃のままだった。

――それと12月7日にはもう一つアイテムが出ます。9月に行った初のNHKホールでのライヴ『節~FUSHI~』のライヴ盤。

ヒイズミ:あの日は、全体的にはすごく良かった。個人的には、ちょっと興奮しすぎて、技術的に強引なところはあったかなと思いますけど。それを踏まえた上で、良かったと私は言いたい(笑)。

Ohyama:ヘンな感じでしたよ、あの日は。5人とも、ちょっと浮き足立ってたし。それほど大きな出来事だったんですよね。最初に幕が下りてて、PE'Zの歴史をたどる映像を流したんだけど、それを見て自分らが感動しちゃったりしてるから。

――素晴らしいじゃないですか。

Ohyama:素晴らしいけど、演奏する側としてはもうちょっと冷静でいないとね。感動してる場合じゃねぇだろ!って、自分にツッコんでた(笑)。


――今は一つ、節目を越えた?

Ohyama:越えるとかじゃなくて、あらためて気持ちを入れ直すということ。全員で肩を組み直してもう1回スタートしよう、というのが近いですね。自分で「節~FUSHI~」とか言っておいて、そのあとの活動が何も変わらなかったらがっかりしちゃうけど、海外とか、面白いこともいっぱいあるので。そういうことがあると、なるようになっていくんですよ。ある意味、勝手にハードルが高くなっていくんですよね(笑)。

取材・文●宮本英夫




●ライヴ・スケジュール
PE'Z LIQUIDROOM LIVE 4days~東京の四季~
2005年
12/12(月)
12/13(火)
12/14(水)
12/15(木)

「春」Rock with Piano
「夏」Club with X5D
「秋」Jazz with Piano
「冬」Pop with X5D
会場はすべて東京恵比寿・LIQUIDROOMにて

[問]HOT STUFF 03-5720-9999
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス