森山直太朗のニューシングル「風花」のPVに、あの有名フィギュア・スケーターが登場

twitterツイート
森山直太朗9枚目のシングルとなる「風花」が11月16日にリリースされる。約半年振りの新作は、淡く切ない歌詞と直太朗独特のファルセット(裏声)が、儚い雰囲気の音世界を美しく表現している。同曲は現在放送中のNHK連続テレビ小説「風のハルカ」の主題歌としてOA中。カップリングには「君とパスタの日々」と「伝説」が収録されている。

現在ユニバーサル公式サイトでは、「風花」のプロモーションビデオのフル試聴を実施中。「風花」の持つ繊細で儚いイメージを映像でも表現したい、という直太朗の考えのもと制作されたこのビデオクリップは、直太朗本人は出演しておらず、新進フィギュア・スケーターの浅田舞(浅田姉妹の姉)さんの華麗なスケーティング姿が、全編フィーチャーされている。直太朗曰く、「この曲のイメージに合う映像を考えた際、以前スポーツ雑誌で見た彼女の写真を思い出し、出演依頼をした」とのこと。

他にも「「風花」とは、晴天の初冬、風に乗り舞い降りる粉雪のこと。PVでは、凛としてかつ躍動的な彼女の滑りが、そんな雪の舞をとても豊かに表現してくれた」とコメントしており、直太朗自身もその出来栄えに大満足しているという。

彼女の美しくも躍動的なスケーティング姿と、「風花」の繊細で儚い旋律がシンクロするこのPVの試聴は、11月23日までの期間限定となっているので、早めにチェックしよう!

◆シングル情報
「風花」
UPCH-5346 \1,260(税込)
2005年11月16日発売

◆森山直太朗 ユニバーサル公式サイト
http://www.universal-music.co.jp/moriyama_naotaro/
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報