真夏の<SUMMER SONIC 05>を大熱狂、大合唱させたオアシスが、再びやって来た。スケール感を増し、大人のオアシスなサウンドを聴かせてくれた最新アルバム、『ドント・ビリーヴ・ザ・トゥルース』を引っさげ、東京・大阪のみで、スペシャルなライヴを行なってくれた。そんな中でも、いち早くソールド・アウトとなった11/20(日)代々木第一体育館の模様をお届け!


代々木第一体育館という大会場でのソールド・アウト公演だけあって、とにかく人、人、人。開演前の売店やトイレは、長蛇の列、屋外の物販エリアも賑わっている。そして、SUMMER SONICのときもそうだったし、前回2002年のツアー、会場も同じここ代々木第一体育館で感じたことだが、ファンたちのコンサートへの期待と緊張がヒシヒシと痛い程会場に充満している。やはりオアシスは何かスペシャルな存在なのだ。さらに、今回は彼らの新作がシングル、アルバムを通じて初のオリコン1位を記録と日本国内で大ヒット。さらには、<SUMMER SONIC 05>での好演により、初めてオアシスを観てその魅力に取りつかれたというファンも相当数いたようだ。

そんな新旧織り交ぜたファンの熱い視線を浴びつつ、午後6時をほんの少し回った頃、ほぼ定刻通りにライヴはスタート! 基本的に、ツアーも個別のライヴも尻上がりにコンディションを上げることの多いリアム。今回は、すでに大阪、東京で各1公演をこなしているせいか、声を聴く限りかなりコンディションは良さそうだ。オープニング・ナンバーはSUMMER SONICでもオープニングを飾った、新作の1曲目、「TURN UP THE SUN」。軽快なギター・ロックやしっとりしたミディアムも印象的な新作の中では、昔ながらの“オアシス節”を感じさせる重厚なナンバーだ。そして、1stシングルでもある2曲目の「LYLA」で、早くもこの日の盛り上がりは1度目の頂点へ。

さらに、この後「BRING IT ON DOWN」「MORNING GLORY」「CIGS & ALCOHOL」と、1st、2ndからの人気ナンバーの連続で、満員の会場は一気にヒートアップしていく。と、ここまでの流れはSUMMER SONICと曲順もほぼ同じだが、会場の雰囲気やオーディエンスのリアクションも結構違うのが面白い。この後、SUMMER SONICでは聴けなかった「TALK TONIGHT」「SONGBIRD」という、しっとり系の曲が続く。

そして“しっとりタイム”が終了すると、昔からのファンに通ウケするツイン・ヴォーカルのB面曲「ACQUIESCE」でどっと歓声。さらに、リアムの喉の調子がダイレクトに反映される「LIVE FOREVER」も、美しい高音で歌い上げてくれた。この後も、新作の2曲目、アゲアゲな「MUCKY FINGERS」でさらに盛り上げると、今年のSUMMER SONICで久々に聴けた代表曲の一つ「WONDERWALL」と来れば、ダメ押しは「CHAMPAGNE SUPERNOVA」の大合唱。本編ラストは初期の名曲「ROCK'N ROLL STAR」と来れば、納得しないファンはいないだろう。

アンコールは「GUESS GOD THINKS I'M ABEL」で幕を開けると、次に「THE MEANING OF SOUL」と新作から2曲を立て続けに演奏。聖書のエピソードからタイトルを取ったスケール感たっぷりの前者と荒々しいロックンロールの後者、続けて聴くと新作の幅広さが改めて実感できる。そして、ラス前はいよいよお待ちかねのノエルがヴォーカルを取る「DON'T LOOK BACK IN ANGER」。苦労してチケットを取ったコアなファンが多いだけに、SUMMER SONIC以上の一体感と大合唱。そして、アンコールのラストはここ最近の定番通り「MY GENERATION」で締めた。

星空、夏、潮風、そしてフェスならではの高揚感といった、<SUMMER SONIC 05>で味わった夢のようなマジックな瞬間こそなかったものの、逆に単独公演ならではのオーディエンスの一体感と盛り上がりがそこにはあった。たとえば「ACQUIESCE」のような曲で大歓声が沸くのは昔からのファンが多い単独公演ならではだろう。リアム、ノエルともいつも通り無口でストイックだったものの、何気ない仕草やMCで見せたライヴへのテンションは高く、全体として演奏、歌唱、盛り上がりとも大いに楽しめた。また、絶妙なセットリストは、新旧織り交ぜたファンを満足させるもので、現在進行形のロックンロール・バンド、オアシスの存在感を改めて見せつけられるものであった。


Photo: MITCH IKEDA

OASIS @代々木第一体育館
2005/11/20

TURN UP THE SUN
LYLA
BRING IT ON DOWN
MORNING GLORY
CIGS & ALCOHOL
THE IMPORTANCE OF BEING IDLE
TALK TONIGHT
SONGBIRD
A BELL WILL RING
ACQUIESCE
LIVE FOREVER
MUCKY FINGERS
WONDERWALL
CHAMPAGNE SUPERNOVA
ROCK'N ROLL STAR

【Encore】
GUESS GOD THINKS I'M ABEL
THE MEANING OF SOUL
DON'T LOOK BACK IN ANGER
MY GENERATION

■関連記事
オアシス『ドント・ビリーヴ・ザ・トゥルース』インタヴュー&特集
https://www.barks.jp/feature/?id=1000007987