バウ・ワウ、映画『ワイルド・スピード』次作へ出演

ツイート
ラッパーとしてだけでなく俳優としても活躍するバウ・ワウが、人気カー・アクション・ムービー『ワイルド・スピード』の第3弾『The Fast and The Furious: Tokyo Drift』に出演すると、MTV.comが報じている。

'01年公開の『ワイルド・スピード』(原題:『The Fast and The Furious』)、そしてリュダクリスも出演した'03年公開の第2弾『ワイルド・スピード×2』(原題:『2 Fast 2 Furious』)に続いて現在制作中の第3弾『The Fast and The Furious: Tokyo Drift』は、日本発祥のドライビング・テクニックであり、現在アメリカでも人気の高まっている「ドリフト」をテーマに扱う。バウ・ワウは今回の映画の中でトゥウィンクルという役柄を演じており、「トゥウィンクルはハスラーみたいな奴さ」とインタビューの中で自ら解説。また、作品に関しては「今回の映画は凄くフレッシュで、今までの『ワイルド・スピード』とも違うよ」と語っている。

『The Fast and The Furious: Tokyo Drift』の撮影は既に10月よりロサンゼルスにて行なわれており、年内一杯まで続くという。そして、劇場公開は来年夏頃を予定している。

K.Omae, LA
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス