PSPの最新ファーム公開、WMAファイルの再生とRSSに対応!

twitterツイート
携帯ゲーム機「PSP」を販売するソニー・コンピュータエンタテインメント(以下、SCEI)はPSP用の最新ファームウェアバージョン2.60をWebサイトにて公開した。無料でダウンロードできる。

新ファームを利用すると、数々の新機能が追加される。一番の目玉はWMA形式の楽曲データを再生可能になったことだろう。残念ながらDRM付きのWMAファイルは再生できないが、Windows Media Playerで作ったWMAファイルがそのままPSPで楽しめるのはありがたい。

また、メニューに「RSSチャンネル」が追加されている。これは、RSSを使って音声ファイルを配信するいわゆるPodcastに対応したもの。Podcastを配布するサイトをあらかじめ登録しておくと、次回インターネットへ接続した際に登録サイトの更新情報を自動的に収得して、ストリーミングにてPodcasを再生できる。

なお、これで再生できるコンテンツはRSS 2.0に準拠して配信されているMP3とAACの音声データのみ。第5世代iPodが対応している動画Podcastは再生できない。また、メモリースティックにダウンロードしてオフラインで聞くこともできない。

ファームウェアのアップデートは、パソコンで更新用のファイルをダウンロードしてメモリースティック経由でPSPに送る方法と、PSPの無線LAN機能を使った方法が利用できる。

なお、最新のPSPソフトにもアップデートファイルを収録する予定だ。

問い合わせ先:ソニー・コンピュータエンタテインメント
http://www.scei.co.jp/
ファームウェアのダウンロードはこちら
http://www.playstation.jp/psp/update/ud_01.html
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報