フー・ファイターズのオーストラリア・ツアーでサポートを務めたカイザー・チーフス。フー・ファーターズのパフォーマンスを待ちわびてる観客の前で彼らの前に演奏するのは「大変なことだった!」と話している。

フロントマンのリッキー・ウィルソンはXFMでこう語った。「フー・ファイターズとプレイするのはいつも楽しいよ。でも大変なんだ。とくにここオーストラリアではね。6ヶ月もフー・ファイターズの公演を待ってたっていうのに、まずはブリット・ポップのリバイバル・バンドを30分も聴かなきゃいけないんだから。なんてね、冗談だよ。みんな楽しんでたと思うよ」

バンドはステージから降りると、すぐにデイヴ・グロールからスペシャル・ドリンクを与えられるという。「ステージを降りるとすぐに、デイヴがすっごい量のイエガーボムをくれるんだ。イエガーボムって飲んだことある? イエガーマイスター(ハーブ味でアルコール度数35度という強いドイツ製リキュール)をレッド・ブル(エナジー・ドリンク)で割ったものだよ。(すぐに酔えるので)“貧乏人のスピード・ボール”って呼ばれてんだ」

先週オーストラリア・ツアーを終えたばかりのフー・ファイターズは、現在来英中。土曜日(12月10日)からUKアリーナ・ツアーをスタートする。ロンドンでは17/18日にアールズ・コートでプレイする。

Ako Suzuki, London