玉木宏主演のNHKドラマ主題歌をイギリスのボーイ・ソプラノ・ユニットが担当

ツイート
2006年1月14日(土)午後10:00から始まるNHK土曜ドラマ『氷壁』の主題歌を、イギリスのボーイ・ソプラノ・ユニット、LIBERA(リベラ)が担当することがわかった。

LIBERAは聖歌隊を母体とし、7歳から18歳までの少年で構成されている。その澄んだ美しい声は「孤高の美しさ」と評され、日本でも女性を中心に熱狂的なファンが多く、今年は4月と10月に来日コンサートを実施。写真集も発売されているほどの人気なのだ。

今回、NHKからの主題歌の打診を受けた彼らは快諾、10月の来日時にNHKのスタッフとドラマのコンセプトを含めて入念な打ち合わせをし、11月下旬にドラマ主題歌となる新曲「彼方の光」を完成させたのだそう。NHKドラマ番組部チーフ・プロデューサー青木信也氏は「リベラの音楽は“やさしい光”に包まれています。人は誰でもそれぞれの「氷壁」を抱えて生きています。厳しく冷たい壁を何とか乗り越えようと懸命に生きている人たちに、希望や勇気に満ちたリベラの“やさしい光”が届けばいいなと思っています」とコメント。また、LIBERAのプロデューサー、ロバート・プライズマン氏も「人生と人間の本質を綴った名作『氷壁』とリベラのスピリチュアルで恍惚のサウンドには通じるものがある」と語っている。

そのリベラの新曲「彼方の光」は、2006年2月1日にリリースされる彼等のベスト・アルバム『彼方の光~リベラズ・ワールド~』に収録される。また、12月23日からは着うた(R)にて「彼方の光」の先行配信も行なわれる。

ドラマ『氷壁』は、井上靖の代表作のひとつである同名小説を原案とした山岳サスペンス。主演の玉木宏は、数ヵ月に渡りロッククライミングのトレーニングを積み、日本とは真逆の季節にあるニュージーランドでの山岳ロケに臨んだという。ストーリーはもちろんのこと、それを盛り上げる音楽、そして俳優陣の決死の演技にも注目だ。なお、玉木宏は2006年2月に、avexへの移籍第1弾作品をリリースすることが決まっている。


■LIBERA オフィシャル・サイト http://toemi.jp/libera(PC・携帯)

■土曜ドラマ『氷壁』(連続6回)
NHK総合 2006年1/14(土)~2/25(土)午後10:00~10:58
出演:玉木宏、鶴田真由、山本太郎、石坂浩ニ ほか
この記事をツイート

この記事の関連情報