エルトン、ヘンパーティの豪華な中身

twitterツイート
いよいよ水曜日(12月21日)に迫ったエルトン・ジョンの結婚式。この2日前(19日)に行なわれる独身最後のパーティ(ヘンパーティ)の豪華な中身が明らかになった。

『Daily Mirror』紙によると、パーティはシュー・デザイナー、パトリック・コックスの主催でロンドンのナイト・クラブ、Too2Muchで開かれる。ジョージ・マイケル、スティング、ギャリー・バーロウ(テイク・ザット)、ペット・ショップ・ボーイズ、レニー・クラビッツ、ブライアン・アダムス、映画『ロード・オヴ・ザ・リング』シリーズでお馴染みの俳優イアン・マッケランらが招待されているそうだ。

ウエイター達は1着500ポンド(約10万円)するカウボーイ・コスチュームを着用、会場は5万ポンド(約1,000万円)相当の花で飾り立てられるという。

そして、そこで行なわれる豪華なパフォーマンス。まずはブライアン・アダムスのに始まり、ペット・ショップ・ボーイズ、ロイヤル・バレエ団のイアン・パトロフのダンス、マッケレンのかくし芸など、ほかでは見られない組み合わせが続く。エルトン自身は、アダムスが歌うときにピアノを弾くかもしれないといわれている。

関連ニュースとして、水曜日、エルトンの晴れ姿を見ようと大勢のファンがウィンザーの登記所前に押し寄せることが予想されている。このため警察が出動する予定だが、その費用はウィンザー市民の税金からまかなわれるのではなく、エルトン自身が支払うそうだ。

ウィンザー城があることでも有名なウィンザーの街は、狭い道が多いため、周辺の道路は大混雑が予想されている。地元の警察は「何人配置するかは言えないが、この費用はウィンザーの住民が負担するのではなく、主催者側が負担するものである」と声明を発表している。

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス