BLACK BOTTOM BRASS BAND、第二のふるさとのためにチャリティーアルバムをリリース

ツイート
ブラス・ロック・バンド、BLACK BOTTOM BRASS BAND(以下、BBBB)が12/16にニューオリンズ復興のためのチャリティー・アルバム『Live in New Orleans 2005. Jun』をリリースした。

2005年夏、ニューオリンズを襲った巨大ハリケーン・カトリーナで現地は大きな被害を受けたのはご存知の通り。ニューオリンズ・スタイルのブラス・バンドとして活動してきたBBBBはその直前に現地でライヴを行なっていたほか、それまでにもレコーディングやライヴで何度も訪れていて、友人も多く存在していた。そのニューオリンズの被災地の映像をテレビで見、友人からの連絡で心を痛めたメンバーが、なにかできないかと、このチャリティー・アルバムの発売へと至ったそうだ。

このアルバムは、ハリケーン・カトリーナが襲ってきた直前の6月、BBBBがニューオリンズで行なったライヴの音源をCD化していたもので、ライヴアルバムとなる。このCDの収益はチャリティー募金される。BBBBにとって第二のふるさとともいえるニューオリンズは、JAZZ発祥の地として音楽的にもとても重要な街。一日も早い復興を願おう。
この記事をツイート

この記事の関連情報