'05年全米人気アーティスト投票ベスト10

ツイート
'05年は「素敵な年だった」とTIME誌で発言、全米の人気は見事に復帰した世界の歌姫に集まった。

米全国紙USA TODAYが行なった“'05年の人気アーティスト”の読者投票で、マライア・キャリーが1位に選ばれた。彼女はアルバム『Emancipation of Mimi』でカムバックを果たし、シングル「We Belong Together」と共に世界的なヒットを記録。来日も果たし、充実した活動を行なった。2位には、'05年に全米でヒットした英アーティストとしてコールドプレイがランクインしている。彼らは夏フェス<フジロック>(https://www.barks.jp/news/?id=1000010304)に出演し、英米のみならず日本のファンにも素晴らしいステージを披露してくれた。3位にはグレッチェン・ウィルソンが選ばれており、カントリー勢の躍進が目立った年でもあった。

'05年米人気アーティスト投票ベスト10:

1 マライア・キャリー
2 コールドプレイ
3 グレッチェン・ウィルソン
4 マドンナ
5 カニエ・ウェスト
6 ブルース・スプリングスティーン
7 ローリング・ストーンズ
8 スティービー・ワンダー
9 50セント
10 R.ケリー

ちなみに、'05年の“人気アルバム”ではカニエ・ウェストの『Late Registration』がトップを獲得している。2位が<サマソニ>に出演したシーザーズ(https://www.barks.jp/news/?id=1000011350)の新作『Paper Tigers』だった。

T.Kimura
この記事をツイート

この記事の関連情報