'05年を振り返る:米メディアのベスト10トピックス

ツイート
複数の米メディアが報じた'05年音楽アーティストのニュースから、話題になった出来事をピックアップ。良くも悪くも衝撃を与えた10項目で'05年を振り返ってみた。

■カニエ・ウェスト(https://www.barks.jp/news/?id=1000003238)のレーベルからジョン・レジェンドが大ブレイク。グラミー最多の8部門でノミネートを受けた。

■新婚リアリティ番組が日本でも人気だったニック・ラッシェイとジェシカ・シンプソンが破局。離婚を正式に発表した(https://www.barks.jp/news/?id=1000015048)。

■ブリトニー・スピアーズが男の子を出産!(https://www.barks.jp/news/?id=1000011797)。彼女は勿論のこと、生後間もない子供にも世界が注目。

■『People』誌の“スタイリッシュ・スター”にアシュリー・シンプソンが選ばれる。

■ジェシカ・シンプソンが映画『The Dukes of Hazzard』のデイジー・デュークを演じ、かなりセクシーなヒップを披露。

■雑誌『People』“'05年ホットカップル”に交際を正式発表したヒラリー・ダフとジョエル・マデン(グッド・シャーロット)がランクイン。

■米人気オーディション番組『アメリカン・アイドル』でキャリー・アンダーウッドが優勝。準優勝のボー・バイスもボン・ジョヴィのリッチー・サンボラ(G)と共演するなど一躍有名人に。

■スマトラ沖地震で発生した津波被害を救済するために米スターが集結。各地でチャリティ・ライヴを開催し、救済資金を集めた。また、英国、カナダでも同じ目的のコンサートが開かれている。さらに、夏には地球規模の救済イベント<ライヴ8>が行われた(https://www.barks.jp/feature/?id=1000013779)。そしてハリケーンの救済にも数多くのミュージシャンが名乗りをあげ、'05年は“チャリティの年”となった。アフリカの貧困救済活動によって、U2のボノが『TIME』誌の「今年の人」に選ばれた。

■インターネットでは'05年もはやりブリトニー・スピアーズが強かった。彼女はAmazon、AOL、Lycos、Yahoo!の検索語ランキングで音楽アーティストとしてNo.1を獲得(https://www.barks.jp/news/?id=1000016151)。

■マイケル・ジャクソンが全面無罪(https://www.barks.jp/news/?id=1000008891)となる。ファンの間からは歓喜の声。世界を驚愕させた騒動に決着がついた。

T.Kimura
この記事をツイート

この記事の関連情報