10代が選ぶグラミー賞

ツイート
2週間後に迫ったグラミー賞。もし審査員がティーンエイジだったら? 米調査会社Harris Interactiveが6年前から毎年、米国の10代による同賞の投票調査を行なっている。

その結果によると、今年はグリーン・デイとマライア・キャリーが主要部門で栄冠を手にするという。年間最優秀レコードでは、グリーン・デイの「Boulevard of Broken Dreams」がカニエ・ウェストの「Gold Digger」を押さえ、ノミネート曲の中で最多票数を獲得。また、年間最優秀ソングでは、“分からない”といった回答も多くあったが、マライア・キャリーの「We Belong Together」がラスカル・フラッツの「Bless the Broken Road」に圧勝した。注目の新人賞はフォール・アウト・ボーイだった。授賞式は2月8日、ロサンゼルスで行われる。

グラミー賞 主要ノミネート:

■年間最優秀レコード
「We Belong Together」 マライア・キャリー
「Feel Good Inc.」 ゴリラズ feat.デ・ラ・ソウル
「Boulevard of Broken Dreams」 グリーン・デイ
「Hollaback Girl」 グウェン・ステファニー
「Gold Digger」 カニエ・ウェスト

■年間最優秀ソング
「Bless the Broken Road」 ラスカル・フラッツ
「Devils & Dust」 ブルース・スプリングスティーン
「Ordinary People」 ジョン・レジェンド
「Sometimes You Can't Make It on Your Own」 U2
「We Belong Together」 マライア・キャリー

T.Kimura
この記事をツイート

この記事の関連情報