ノトーリアスB.I.G.の遺族がLA市より裁判費用を勝ち取る

ツイート
ノトーリアスB.I.G.の殺人事件に関する警察の捜査が不十分であるとして、遺族がロサンゼルス市を訴えていた裁判で、アメリカ連邦判事がロサンゼルス市に対して遺族へ裁判費用を支払うよう命じたと、AP通信が報じている。

この裁判は昨年7月に無効審理となり、最終的に決着が着かずに終わっているが、裁判の中でロサンゼルス警察が故意に証拠を隠蔽したことを理由に、ロサンゼルス市が裁判費用110万ドル(約1億2,700万円)を遺族側に支払うことになった。また、家族側が求めていた損害賠償金200万ドル(約2億3,000万円)に関しても、30万ドル(約3450万円)だけ支払われる可能性があるという。

ロサンゼルス市のスポークスマンは「我々は(裁判費用支払いの)命令に対して失望した」と語り、さらに「(証拠隠滅が)警察官の不注意によって起きたものだと信じている」と続けている。

K.Omae, LA
この記事をツイート

この記事の関連情報