A・モンキーズ、アルバム・ジャケットはへべれけで

ツイート
アークティック・モンキーズのデビュー・アルバム『Whatever People Say I Am, That's What I'm Not』のカヴァー写真は、へべれけに酔った後、撮影されたものだという。

モデルを務めたのは、バンド・メンバーの友人クリス・マクルーア(19歳)。写真撮影がスタートするまでに7時間も飲み続けた彼は、一躍有名になったあの写真が撮られたときには、ぐでんぐでんに酔っ払った状態だったという。ちなみにモデル代はタダ。酒代に80ポンド(約1万6,000円)を受け取っただけだという。しかし、マクルーアは「金以上の価値があるよ。大名誉だ」と大満足している。

『Whatever People Say I Am, That's What I'm Not』は発売後1週間で36万枚以上を売り上げ、UKでの最速セールスの記録を樹立。メンバー同様、マクルーアも“おなじみの顔”となった。

バンドは現在、NME主催の<2006 ShockWaves NME Awards>ツアーに参加中。4月に日本公演を行なった後、UKヘッドライン・ツアーをスタートすることを発表した。13日のノッティンガムを皮切りにグラスゴー、ケンブリッジ、ロンドンなどで12公演を行なう予定。ロンドンでは27日にブリクストン・アカデミーでプレイする。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報