故ウィルソン・ピケットの葬儀が行なわれる

ツイート
1月19日に心臓発作にて亡くなったベテランR&Bシンガー、ウィルソン・ピケットの葬儀がケンタッキー州にて執り行われたと、AP通信などが報じている。

ヴァージニアの病院にて享年64歳で亡くなったウィルソン・ピケットの葬儀は、1月28日にケンタッキー州ルイズヴィルの教会Canaan Christian Churchにて行なわれ、家族や友人、ファンなど約800名が参列した。参列者の一人であるリトル・リチャードはウィルソン・ピケットの歌唱法が音楽シーンの流れを変え、様々なアーティストへの可能性を広げたと彼の功績を称えた。また、ウィルソン・ピケットの兄弟であるマクスウェル氏は「彼は我々(家族)の一員というだけでなく、世界の一員であった」と語ったという。

なお、ウィルソン・ピケットの遺体は予定通り、同地に眠る母親の隣に埋葬された。

K.Omae, LA
この記事をツイート

この記事の関連情報