クリエイティブから、単体でヘッドフォンアンプになるUSB I/F

ツイート
クリエイティブメディアは、ステレオ入出力に特化したUSBオーディオインターフェース「USB Sound Blaster Digital Music SX」を発表した。

本製品は、ステレオでの録音、音楽再生にフォーカスしたDigital Musicシリーズ最上位モデル。2基のライン入出力、ヘッドフォン、マイク、光デジタル入出力端子などを備えた、シンプルながら拡張性が高い機種だ。最大で96kHz/24ビットのサンプリング周波数を扱え、約110dBという高いS/N比を誇る。また、光デジタル出力は、ドルビーデジタル/DTS信号のパススルーにも対応。ホームシアターシステムなどと接続して、迫力あるサラウンドサウンドを楽しむことも可能だ。

また、付属のACアダプターを用いると、PCが起動していない場合も利用できるため、スピーカーやヘッドフォンなどを接続しなおすといった手間がかからない。

なお、録音や編集、CD制作ソフトとして、同社の「MediaSource 3.0」や「Smart Recorder 2.0」「WaveStudio」などが付属している。

価格はオープンプライスで、直販価格では11,800円だ。

■USB Sound Blaster Digital Music SXの動作環境

CPU:Pentium IIIまたはCeleron 1GHz以上
チップセット:インテル純正推奨
メモリ:128Mバイト以上
ハードディスク:340Mバイト以上の空き容量
OS:Windows XP(SP2以上)

問い合わせ先:クリエイティブメディア
http://jp.creative.com/
この記事をツイート

この記事の関連情報