サザーランド、新曲PVで決死のスタント!

ツイート
2月8日にリリースされたサザーランドの新曲「and yet」のPVが、密かに話題となっている。

現在、スペースシャワーTVやMUSIC ON! TV、MTVなど、CS各局を中心に大量にオンエアされている同曲のPV。その中の演奏シーンには、まるで地面を低空飛行しているかのようなスピーディな場面があり「これはどうやって撮影したの?」といった問い合わせが多数寄せられているらしい。

で、その撮影秘話を所属レーベル、EPIC RECORDS JAPANの担当者に尋ねたところ、次のような答えだった。
「実はあれ、道路を走るトレーラーの荷台に4人が実際に乗って、撮影したものなんです。ただ、ドラムセットだけは落ちないようにロープで固定しましたが、メンバー自身は命綱などまったく無く、落ちたら大ケガも覚悟で、まさに命懸けの撮影だったんですよ。しかも撮影当日は、ビデオでも何度も登場していますが堤防を越える高波が発生するほどの強風で、メンバーは強風と波しぶきとトレーラーの走るスピードの中で、必死にバランスをとっていて、本当にキツイ撮影だったと思います」。

そうこうして完成した「and yet」のPVは、メンバーの決死のスタントの甲斐もあり、これまでになくスピード感溢れる作品に仕上がっている。オフィシャル・サイト(www.sutherrand.com)でもチェックできるので、ぜひ見てみて!
この記事をツイート

この記事の関連情報