山嵐、新たなチャレンジで、賛否両論巻き起こるか!?

ツイート
2/22に山嵐がシングル「GO YOUR WAY」(写真)をリリースする。これまで山嵐はロック、ヒップホップを中心としたミクスチャーサウンドと、メンバー6人による躍動感溢れるライヴパフォーマンスで人気のバンドだったが、この新曲ではがらりとそのイメージを変えてた。

詞世界は、前に進むことのできない、新しい1歩が踏み出せない者へ、肩を押し出してくれるようかのポジティヴ世界。ただし、テンポはミディアムナンバーで、勢いやパワーはぐっと抑え、この詞世界を前面に出すようなサウンドになっているのだ。

今までセルフプロデュースで作品を発表してきた山嵐だが、今回、亀田誠治をプロデューサーに迎えた。亀田氏は椎名林檎やスピッツなど数多くのアーティストを手がけ、現在は東京事変のベーシストでもある。そんな彼と6ヶ月にわたって制作活動を行なってきたんだとか。新しい試みを、彼らの納得するやり方でじっくりと作り上げてきたこの新作、どうやらファンにとって賛否両論かもしれない。

この「GO YOUR WAY」のビデオクリップでも、初の試みが…! 山嵐にとって本格的なストーリーものとなっている。かなりシリアスで緊迫感に溢れているこの作品、監督はこれまでの山嵐作品を撮ってきた泰太郎。主人公には映画「忘却の楽園」(05年)やCMなどに出演している結城貴史を起用している。このビデオクリップを現在、BARKSではフルでお届け中! この機会を逃さぬよう!

そして山嵐は、5月に地元湘南にて彼らが主宰するロックフェス<湘南音祭 Vol.1>を開催する予定だ。

■「GO YOUR WAY」ビデオクリップ
https://www.barks.jp/watch/?id=1000012228
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス