アカツキ.がベスト盤でCD初収録した楽曲の逸話とは?

ツイート
現在、今年最初の全国ツアー<縦横無尽TOUR>を敢行中のアカツキ.が、インディーズ時代にリリースした3枚のアルバムの中から、選りすぐりの18曲を収録したベスト・アルバム『AKATUKI ROCKFES』を2月15日にリリースする。

本作にはライヴの定番曲がズラリと収録されているのだが、「思ひ出の歌」「空色」「町」は未発表テイクなので、既発ヴァージョンとはかなり異なるコーラスやギターをはじめとしたアレンジを聴き比べてみてはいかがだろうか? また、本作でCD発収録となった「幸せになるのさ」は、「アカツキ.の超初期時代、必ずライヴのラストに演奏していた曲で、思い入れが強くて音源収録は見送った曲です。ライヴでしか聴けない曲にしたかったので」(エンドウ./G)という逸話のある楽曲。インディーズ時代の彼らを知っているファンには懐かしく、新しいファンには目からウロコが落ちる、新旧ファン必携の一枚だ。

さて、4月まで続く<縦横無尽TOUR>。メンバーたちは目下、移動中にはAMラジオを聞きながら“ハガキ職人”ならぬ“メール職人”となり投稿を楽しんでいるそうで、先日ついに番組内で読まれてますますヤル気に火がついているとかいないとか。

◆オフィシャル・サイト http://aktk.net
この記事をツイート

この記事の関連情報