ピンク、ヒルトン嬢に“書ける?”

twitterツイート
ピンクの新作『I'm Not Dead』(3/29発売予定)からのリードシングル「Stupid Girls」のPVが米国ですでに話題になっている。

タイトルも「バカ女」と痛烈だが、彼女は映像の中でセレブたちを風刺。具体的な名前は挙げてないものの、映像をみればそれぞれが誰のことかは明白で、風刺されている中のひとりパリス・ヒルトンが、これに意見した。ヒルトンは、自分を含め他のセレブをネタに音楽的な“カムバック”を遂げるピンクを非難。しかし、これにピンクが激怒しヒルトンに向かって「“カムバック”って書ける? 書いてみなさいよ!」と反撃した、とRateTheMusicなどが伝えている。

ピンクはまた、同曲について「一般的なメンタリティ。具体例を挙げた。ぶしつけにならざるを得ない」とし、「ユーモアも使うわ。それに、こうした子たちより、わたしのほうがエライと言ってるわけではないの。毎年、無数のタブロイドが発行されるけど、記事の中にはわたしも入ってる。わたしはタブロイドを読むし、バカなこともするわ」と最新のUSA TODAYに話している。

アルバムは「Stupid Girls」をはじめ、先日話題になった米大統領に宛てたメッセージソング「Dear Mr. President」他を収録。来月29日に日本先行リリースされる。

関連ニュースでは、新婚のピンクは、夫といっしょに過ごせる時間が少ない日もあるが、絶対に“離婚しない”と強い意志を表しているという。

ピンクの前作は『Try This』('04年)。全米チャート9位。プラチナを獲得した。

T.Kimura
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス