アジア全域をアゲまくる謎の日本人、DJ OZMAが台湾デビュー!!

ツイート
先の見えない不景気にあえぐ経済大国日本。そんな状況を打破すべく、一人のアツい男が立ち上がった。その男の名は、DJ OZMA。DJを生業にしつつ、楽曲制作やイベント・プロデュースの他、“SMILE LOCOMOTION”というアパレル・ブランドも手掛けている人物だ。

“DJ OZMA”と言っても、その名前をご存知の方はまだ少ないはずだ。彼が携わった楽曲は、今年1月にリリースされた近藤真彦トリビュート盤『MATCHY TRIBUTE』の1曲目に収録された「ケジメなさい 氣志團 loves DJ OZMA & XARAZOO」のみ。ちなみに、氣志團のヴォーカル綾小路 翔とは、音楽を通じた友人の一人なんだとか。

そんな彼が日本でのCDデビューに先駆け、台湾にて3月上旬から最新楽曲をダウンロード販売することになった。その楽曲の名は……「アゲ♂アゲ♂ EVERY☆騎士(ナイト)」! 日本では3月22日にリリースされることがすでに決定している。これに伴い2月24日、台湾の誇る超一流ホテル グランドハイアットにて、DJ OZMAが彼のファミリーである夜王純一(同曲ではヴォーカリストとして参加)とPANCHO(同曲のPVにダンサーとして出演)とともに記者会見を行った。会場には台湾はもちろん、日本から多くのプレスが駆けつけおり、謎の日本人クリエイター DJ OZMAへの注目度の高さがうかがわれた。

これが初お披露目となる「アゲ♂アゲ♂ EVERY☆騎士(ナイト)」のライヴ・フォーマンスで、記者会見は幕を開けた。このライヴでは、夜王純一はもちろん、PVに出演しているPANCHOをはじめとするダンサーが総出演! 会見に花を添えた。そして、台湾の人気ラジオを受け持つ司会ミッキー・ウォンから紹介されると“天然パーマの人気者、DJ OZMAです!”と、楽曲に負けないくらいアゲアゲなテンションで会場を笑いの渦に飲み込んだ。

この「アゲ♂アゲ♂ EVERY☆騎士(ナイト)」という曲は、実は台湾の人気歌手アレックス・トゥの「脱掉(Take Off)」のカヴァー曲。そして、そもそも「脱掉(Take Off)」は、韓国で'00年に歴史的ヒットを記録したDJ. DOCの「RUN TO YOU」のリアレンジ曲なのだ。「脱掉(Take Off)」、「RUN TO YOU」ともにDJ OZMAのフェイヴァリット・トラックであったが、日本ではほとんど知られていないというのが実状。そんな状況を歯がゆく思った彼は、“音楽に国境はない”という信念の下、今回のカヴァー曲を実現させたのだ。

この会見では、なんとスペシャル・ゲストとして、原曲「脱掉(Take Off)」のアレックス・トゥが登場! “PVでは、ぼくのステップを取り入れてくれてありがとう”というアレックスに、“勝手にやっちゃってスイマセン”と軽快なトークをこなした。また、会見中には、アレックスとDJ OZMA、夜王純一、PANCHOの4人がTake Off(ズボンを……)するというハプニングも。

また、質疑応答で氣志團の綾小路 翔との関係を質問されると、“よく彼の恋の相談に乗っています”と、音楽以外でも2人が良き友であることを話した。

最後に、今後の野望について質問されると、“この「アゲ♂アゲ♂ EVERY☆騎士(ナイト)」で、元気のない日本のテンションを上げていきたい”、そして、“このCDの売上は一切貯めず、全部使い切ります! アジア全域で使いまくって、消費経済に貢献したい”と語った。

日本のみならず、アジア全域を視野入れているDJ OZMA。日本でのCDデビューは3月22日。3月18日には、六本木ヴェルファーレにてリリース・パーティを開催することが決定している。イケイケ、アゲアゲなドレスコードもあるらしいので、詳細は東芝EMIのオフィシャル・サイトをチェックしよう! 

2006年度の日本経済を牽引していくのは、アゲアゲテンションのDJ OZMAなのかもしれない。

■DJ OZMAオフィシャル・ホームページ
http://www.dj-ozma.com

■東芝EMI Capitol Music DJ OZMAページ
http://www.toshiba-emi.co.jp/capitol/djozma
この記事をツイート

この記事の関連情報