マスター・P、銃不法所持で懲役3年の可能性も

ツイート
昨年1月に銃の不法所持で逮捕されたマスター・Pと実弟のシルク・ザ・ショッカーが起訴され、裁判の結果によっては最長3年、刑務所に服役する可能性があると、ロイター通信が報じている。

マスター・Pとシルク・ザ・ショッカーは'05年1月27日にロサンゼルスのUCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)の構内にて車を運転していた際に、警察官により車内から銃弾の装填された未登録の銃が発見され、逮捕された。その後、二人は保釈金を支払って釈放されていたが、裁判を受けるための十分な証拠があるとして、2月27日に裁判の実施が言い渡された。もし有罪となった場合、二人に対してそれぞれ最長3年の懲役刑が命じられる可能性があるという。

なお、二人は逮捕された際、シルク・ザ・ショッカーが車を運転しており、その運転席の下から一丁、さらにマスター・Pが座っていた助手席からももう一丁の銃が見つかっていた。

K.Omae, LA
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス