フィッシュマンズのドキュメンタリー映画、予告編到着!

ツイート
フィッシュマンズの音楽の軌跡を辿ったドキュメンタリー映画『THE LONG SEASON REVUE』の公開される。3/25日(土)から渋谷アミューズCQNでレイトロードショー、4/1(土)からは大阪・梅田ガーデンシネマにて。

2005年11月に東京・名古屋・大阪で行なわれたツアー<FISHMANS presents "THE LONG SEASON REVUE">のライヴ映像を中心に、過去の未発表映像やフィッシュマンズを愛する様々な人のインタヴューを交えて構成されたドキュメンタリー映画。川村ケンスケ氏が監督で、フィッシュマンズ(茂木欣一、柏原譲)のほか、HONZI、関口“Darts”道生、木暮晋也、沖祐市、山崎まさよし、UA、ハナレグミ(永積タカシ)、原田郁子(クラムボン)、蔡忠浩(bonobos)などが出演している。

「この愛すべきバンドが、どうして今になって世代を超えた形で支持され始めたのか? そんな疑問にも答えられるようなものが間違いなく届けられるはず。これだけは間違いない」と製作スタッフが語っている。フィッシュマンズの魅力をあらためて噛み締めるのにいい映像になっているようだ。

このドキュメンタリー映画の予告編が到着したので、ぜひチェックを。

■『THE LONG SEASON REVUE』予告編
https://www.barks.jp/watch/?id=1000012959
この記事をツイート

この記事の関連情報