英アルバム・チャート、テナー歌手が人気

ツイート
今週の英シングル・チャートは、オーソンの「No Tomorrow」が先週の2位から上昇、トップに輝いた。じわじわとチャートを上り詰めた同曲は、オーソンにとって初のUKナンバー1シングルとなる。先週までトップだったチコの「It's Chico Time」は2位に後退。3位にはブラック・アイド・ピーズの「Pump It」が10位から急上昇した。

今週のシングル・チャートは動きが少なく、トップ10に初登場したのは、ガールズ・アラウドの「Whole Lotta History」(6位)だけだった。

アルバム・チャートは、新人女性シンガー・ソング・ライターのコリーヌ・ベイリー・レイのデビュー作『Corinne Bailey Rae』が先週の2位から再浮上。再びトップに輝いた。

2位にはテナー歌手のラッセル・ワトソンの『The Voice - The Ultimate Collection』が初登場。英国では現在テナー歌手の人気が高まっているようだ。今週のトップ10には、ワトソンのほか、アンドレア・ボチェッリの『Amore』(5位)、ヴィットリオ・グリゴーロの『In The Hands Of Love』(6位)の合計3アルバムがチャート・インしている。一時にこれだけの数のテナー歌手の作品がトップ10入りするのは、UKのチャート史上初の出来事だという。

先週1位だったデヴィッド・ギルモアの『On An Island』は4位に後退。7位にプラシーボの新作『Meds』が初登場している。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報