モリッシー「チャールズが国王になるなんてお笑いだ」

ツイート
モリッシーが、最新のインタヴューでチャールズ皇太子やブレア首相、ケイト・モスらを非難した。モリッシーは、チャールズ皇太子が国王になるなんて「お笑いだ」と話した。モリッシーは『Uncut』誌のインタヴューでこう語っている。「チャールズが国王になるなんてお笑いだ。ロニー・コーベット(コメディアン)がなるってほうがマシだな。彼のほうがもっと国民を楽しますことができるだろ」

またブレア首相夫妻に対しては「顔が嫌い」と発言した。「ブレアの顔が好きじゃない。あの表情が嫌なんだ。それにチェリー・ブレア(首相夫人)の顔にも我慢できない。口を閉じて写ってる写真はないのかって思うよ」

さらにケイト・モスに関しては、ピート・ドハーティを堕落させたと非難した。「彼女がピートを自分のレベルに引きずりおろしたんだろ」

ザ・スミス再結成の巨額なオファーを断ったモリッシーは「スミスを再結成するなら、自分の金玉を食ったほうがマシだ」そうだ。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報