<世界のセクシー女性100人>(https://www.barks.jp/news/?id=1000021778)の向こうを張ったと思われるランキングリスト、<世界のセクシーでない男性100人>が発表された。同ランキングはサイトthephoenix.comが行なったもの。数千の写真や映画・テレビなどの映像を審査し、地球上でいちばんイケてない男を選び出した。大半はジョークと受け止めるが、毒舌アレルギーの方は見るのを避けたい。

音楽界からも数人のアーティストが選ばれている。トップはニッケルバックのフロントマン、チャド・クルーガー。“頭がデカく、顔、髪型もヘンだ”とコメントされている。エンタメ界での外見力といったところか。全体でも6位とトップ10入り。次にお騒がせスーパースターとなったマイケル・ジャクソン。来年、バーレーンのレーベルから新作リリースの計画がある。全リストでは11位。そして、'03年のビデオ・ミュージック・アワードに出演した歳の映像が不評だったアクセル・ローズ(ガンズ・アンド・ローゼズ)が3位にランクインした(総合25位)。

また、元クリードのスコット・スタップが総合48位、クレイ・エイケンが“どこかの生意気なガキ”と評され、全体で59位に入った。他にブリトニー・スピアーズの夫、ケヴィン・フェダーラインが総合99位に選ばれている。

ちなみに、総合1位は“オウム声”のギルバート・ゴットフリード。意外にも100位にブラッド・ピットが選ばれている。不潔で体臭がきついとの噂が事実だとしたら“抱かれたくない男”としてランクインするとのことだ。日本人では唯一、世界の松井秀喜が総合91位。

T.Kimura