ジョン・レノンが、12歳のとき所有していたノート・ブックが、オークションで12万6,500ポンド(約2,640万円)の高値で落札された。レノンはこのノートに、ルイス・キャロルの詩「The Walrus and the Carpenter」を独自のイラストともに書き込んでいる。彼はこの詩にインスパイアされ、ビートルズの「I Am the Walrus」を書いている。

オークションではこのほか、レノンが'80年にバミューダへ旅行したときに書いた航海日誌、彼の名前が刻まれた銀の洗礼用ブレスレットなどが出品され、日誌は1万2,000ポンド(約250万円)、ブレスレットは2万7,000ポンド(約560万円)で落札されたという。

しかしながら、ポール・マッカートニーが、レノン、ジョージ・ハリソン、リンゴ・スターへ宛てた手紙は、5万ポンド(約1,050万円)の最低落札希望価格に達することができず、売れ残った。手紙は、誰がビートルズをマネージメントするかでマッカートニーと他のメンバーの意見が食い違っていたことを示すもの。専門家は、この手紙がビートルズ解散の決定打となったと考えているそうだ。

Ako Suzuki, London