アリス・イン・チェインズ、再結成ツアー

twitterツイート
レイン・ステイリー(Vo)の訃報から4年、ジェリー・カントレル(G)、ショーン・キニー(Dr)、マイク・アイネズ(B)を中心とするアリス・イン・チェインズが今年、正式に動き出した。すでに小規模な日程を計画していた彼らだが、先日にヨーロッパのフェスティヴァルに出演することを決定。さらに、来月に行われる米クラブツアーの日程を発表した。初日は当初の予定通り、5/18日のLAのThe Roxyから。

これまでに暫定的なギグがあったものの、バンドとしてツアーを行なうのはステイリーの死後初めて。故人となった彼を除くメンバーらは、昨年から再結成について協議していた。米ツアー後の6~7月にかけてはヨーロッパを廻り、メタリカ、ガンズ・アンド・ローゼズらとも共演する。ヴォーカルはカントレルのソロ公演に参加したウィリアム・デュヴァール(Comes With the Fall)他が務める予定。

カントレルはUltimate-Guitarのインタヴューで、チャンスがあればデュヴァールと共に新作を作る、といった内容をコメントしている。彼は約2年前、再結成について「展開はスローだが、近い将来、俺たちが一緒にプレイするのは100%確実」とLAUNCHに話していた。

'01年にバンドのベスト盤『Alice In Chain's Greatest Hits』がリリースされている。

T.Kimura
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報